PC関連

2012年11月 1日 (木)

アドビ認定(ACE・ACA・ACI)

私の友人にPhotoshopやIllustratorといった
ドローイングソフトと呼ばれるものを駆使して作品を描く方がいるんですが、
やっぱりそのソフトと相性がいいパソコンは
アップル社の提供するmacだそうですapple

ところでフォトショップやイラストレーターといった
ソフトの製造会社をご存知ですか?wink

それはアドビ(Adobe)という企業ですcatface

描画ソフトの他にもフラッシュプレイヤー、
AdobeReader、Adobe AIRといったように
ネットサーフィンには欠かせないソフトを開発している
コンピューター業界では超有名な企業なんですね!pc


さてさて、前置きが長くなりましたが
今回紹介するのはそのアドビに関係する資格、
その名もアドビ認定を紹介しましょうflair

この資格はまず2種類有り、
・アドビ認定エキスパート(ACE)
・アドビ認定アソシエイト(ACA)
となっていますhappy01

エキスパートはアドビソフトウェア製品の専門的な知識、
技能を証明する内容であるのに対し、
アソシエイトは様々な形態のデジタルメディアを使用し
効果的なコミュニケーションを計画、設計し更
には構築や保守するための必要な基本技術があるという証明になりますeye


また、もう一つアドビ認定インストラクター(ACI)
という資格もありますが
こちらは上記二つの発展版とも言える資格ですup

インストラクターになるということは
アドビに認められたソフトウェア指導者ということなんですねshine

パソコン教室などで指導する際にもとても役立つ証明ですlovely

ACIの資格を取得するとトレーニング教材や製品アップデート、
ソフトウェアの優待販売といった
特典を受けられるのも特徴であり魅力ですheart01

2012年5月29日 (火)

日商PC検定試験 ⑩

pc日商PC検定試験pc

前回からの続き(試験内容pencil

《プレゼン資料作成》

3級(実技試験=30分)

・企業実務で必要とされる文書作成ソフトの機能と操作法

・ビジネス文書の作成

・社内文書のデータベースから指示に適合する文書の検索および新たなビジネス文書

・作成した文書の適切なファイル名付け、保存、整理整頓

  (知識試験=15分)

・ソフトウェア ハードウェア ネットワークに関する基礎知識

・ネット社会における企業実務とビジネススタイル

・電子データ、電子コミュニケーションの特徴と留意点

・デジタル情報、電子化資料の管理と整理

・基本的なビジネス文書(社内外)の種類と雛型

・電子メール、 ホームページの特徴と仕組み

・情報セキュリティ、コンプライアンスに関する基礎知識

・文書管理(ファイリング 共有化 再利用)

・ビジネス文書を作成する上で基本となる語学力

 (用語・用字、敬語、漢字、慣用句、文法、表現法など)

・ライティング技術に関する基本的な知識(文章表現、文書構成の基本)

・ビジネス文書に関連する基本的な知識(ビジネスマナー、文書の送受など)

注)70点以上で合格ですscissors

日商PC検定試験についての紹介は以上になりますflair

他のPC、IT関連の資格と合わせてもっていると有利ですhappy01

2012年5月28日 (月)

日商PC検定試験 ⑨

pc日商PC検定試験 ⑨pc

試験内容の続き・・・

《プレゼン資料作成》

2級(実技試験=40分)

・文書、表計算ソフトの機能と操作法

・業務の目的に応じたビジネス文書作成

・与えられた情報に対する整理、分析、状況に応じたビジネス文書作成

・顧客、取引先などに対しての文書における円滑なコミュニケーション

・わかりやすい報告書、議事録などの作成

・業務目的の遂行の為の提案書、プレゼンテーション資料の作成

・社内の文書データベースからの文書検索およびこれを利用したビジネス文書の作成

・文書ファイルの目的に応じた分類、保存、ファイル体系の構築

  (知識試験=15分)

・ソフトウェア ハードウェア ネットワークに関する基礎知識

・業務における電子データの適切な取り扱いと活用

・ソフトウェアによる業務データの連携

・複数のソフトウェア間での共通操作

・ネットワークを活用した効果的な業務の進め方 情報収集と発信

・基本的なビジネス文書(社内外)の種類と雛型

・電子メールの活用 ホームページの運用に関する実践的な知識

・文書管理(ファイリング 共有化 再利用)

・ビジネス文書を作成する上で基本となる語学力

 (用語・用字、敬語、漢字、慣用句、文法、表現法など)

・ライティング技術に関する基本的な知識(文章表現、文書構成の基本)

・表現技術についての基礎知識(レイアウト、デザイン、表グラフ、図解、フローチャート、

 写真の利用、カラー化など)

・ライティング技術に関する実践的かつ応用的な知識

 (文書の目的 用途に応じた最適な文章表現、文書構造)

注)70点以上で合格ですscissors

2012年5月26日 (土)

日商PC検定試験 ⑧

pc日商PC検定試験⑧pc

前回に引き続き・・・(試験内容pencil

《プレゼン資料作成》

1級(実技試験=60分)

・文書作成 表計算 プレゼンテーション これらのソフトの機能と操作法

・ライティング技術を駆使し、最も適切な文書、資料などの作成

・表現技術を駆使した、説得力のある業務報告 レポート プレゼン資料などの作成

・WEBサイトから当該業務に係る情報の収集と活用

  (知識試験=30分)

・ソフトウェア ハードウェア ネットワークに関する基礎知識

・業務における電子データの適切な取り扱いと活用

・ソフトウェアによる業務データの連携

・複数のソフトウェア間での共通操作

・ネットワークを活用した効果的な業務の進め方 情報収集と発信

・基本的なビジネス文書(社内外)の種類と雛型

・電子メールの活用 ホームページの運用に関する実践的な知識

・文書管理(ファイリング 共有化 再利用)

・ビジネス文書を作成する上で基本となる語学力

 (用語・用字、敬語、漢字、慣用句、文法、表現法など)

・ライティング技術に関する基本的な知識(文章表現、文書構成の基本)

・表現技術についての基礎知識(レイアウト、デザイン、表グラフ、図解、フローチャート、

 写真の利用、カラー化など)

・文書の全ライフルサイクルの考慮および社内おける文書管理方法の提案

・ライティング技術に関する実践的かつ応用的な知識

 (文書の目的 用途に応じた最適な文章表現、文書構造)

・文書の効率的な作成、標準化 データベース化に関する知識

注)70点以上で合格ですscissors

2012年5月22日 (火)

日商PC検定試験 ⑦

pc日商PC検定試験pc

前回の続きに行く前に少し、小ばなしを・・・

合格率のお話ですscissors

《文書作成》

1級28㌫程度 2級24㌫程度 3級50㌫程度 

《データ活用》

1級20㌫程度 2級56㌫程度 3級45㌫程度

《文書作成》《データ活用》ともにベーシックに関しては80㌫以上ですup 

次に試験日程は・・・

1級=10月上旬と2月中旬に行われますtwo

2級、3級、ベーシック=試験会場によって日程が違いますflair

試験会場が、全国のPCスクールや専門学校ですなどscissors

合格発表は・・・

1級=1ヶ月後  2級、3級、ベーシックは当日に発表されますgood

受験料・・・

1級=10,000円

2級=7,000円

3級=5,000円

ベーシック=4,000円

では、前回の続きです(試験内容)pencil

《データ活用》

ベーシック(実技試験=30分)

・企業実務で必要とされる表計算ソフトの機能と操作法の基本が身に付いている

・指示に従って、正確に業務データの入力ができる

・指示に従って、表計算ソフトより並べ替え、順位付け、抽出、計算などができる

・指示に従って、グラフの作成ができる

・指示に従って、作成したファイルにファイル名をつけ保存ができる

注)70点以上で合格ですscissors

次回からは、日商PC検定試験の試験内容の《プレゼン資料作成》を紹介しますcoldsweats01

2012年5月20日 (日)

日商PC検定試験 ⑥

pc日商PC検定試験pc

前回に続き・・・(試験内容pencil

《データ活用》

3級(実技試験=30分)

・文書作成ソフトの操作法と機能

・業務データの迅速かつ正確な入力、紙媒体で収集した情報のデータベース化

・表計算ソフトでの業務データ一覧表の作成と分類、並べ替えと計算など

・各種グラフの特徴と作成法および、目的に応じた使い分け

・指示に応じた適切で正確なグラフの作成

・表、グラフによる、業務データの分析および売上予測などの分析結果

・ファイル名の作成と保存、整理分類

  (知識試験=15分)

・ネット社会におけるビジネススタイル、企業実務

・電子コミュニケーションの特徴と留意点

・デジタルデータの特徴、ファイルの種類、単位、記録メディア

・電子メールの特徴、仕組み、メール文の基本

・ホームページの特徴、仕組み

・ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する基本的知識

・社内ネットワークの活用(グループウェアなど)に関する基礎的知識

・情報セキュリティに関する基本的知識

・ネット社会における法律(知的財産保護法、個人情報保護法)

 コンプライアンスに関する知識

・ネット社会における人と環境への配慮

・取引の仕組みと業務データの流れ(見積もり、受注、発注、納品、請求、契約、覚書)

・データベース管理(共有化、再利用、ファイリング)

・電子商取り引きの現状、形態、その特徴

・電子政府、電子自治体

・ビジネスデータの取り扱い(利益分析、生産管理、売上管理、顧客管理、マーケティング)

注)70点以上で合格ですscissors

2012年5月19日 (土)

日商PC検定試験 ⑤

前回の続き・・・(試験内容pencil

《データ活用》(続き・・・)

2級(実技試験=40分)

・文書作成、表計算、各ソフトの操作法と機能

・表計算ソフトを用いた、当該業務に関する最適なデータベースの作成

・表計算ソフトの関数を駆使して、データベースから必要とされるデータ、値の検索

・データベースの分析および、表やグラフを駆使した的確な業務報告、レポートの作成

・売上、売上原価、粗利益など(計数)を用いた数値計算

・当該ビジネスの現状や課題の把握

・データベースの分類、保存、ファイル体系の構築

  (知識試験=15分)

・ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク知識

・ホームページ、メールに関する知識

・情報セキュリティに関する知識

・ネット社会における法律、コンプライアンス知識

・ネットワークを活用した効果的な業務の進め方、情報収集と発信

・企画、構成、資料作成、準備、実施(プレゼンテーション)に関する基本知識

・電子認証の仕組み(電子署名、電子証明、認証局、公開鍵暗号方式など)

・売上管理、利益分析、生産管理、マーケティング、人事管理などの

 ビジネスデータの取扱い

・業種別、業務フローの知識

・業務改善知識(問題発見の手法、QCなど)

注)70点以上で合格ですgood

2012年5月17日 (木)

日商PC検定試験 ④

pc日商PC検定試験pc

前回の続き・・・(試験内容pencil

《文書作成》

ベーシック(実技試験=30分)

・企業実務で必要とされる文書作成ソフトの操作法、機能の基本を身に付けている

・指示に従って、正確にビジネス文書の入力(文字)、編集ができる

・ビジネス文書(社内外向け)の種類と作成上の留意点を理解している

・ビジネス文書の特徴を理解している

・指示に従って、作成した文書ファイルにファイル名を付けて保存する事ができる

注)70点以上で合格ですgood

《データ活用》

1級(実技試験=60分)

・文書作成、表計算、データベース、プレゼンテーション、各ソフトの操作法と機能

・業務における適切な作業手順

・関数の活用および各種分析手法の活用法と特徴を理解し、目的に応じた使い分け

・計数、市場動向を示す指標、経営指標などを理解し、

 問題解決、今後の戦略、方針などの立案

・業務データベースの分析を利用した業務報告、レポート、プレゼンテーション資料の作成

・サイトからの情報収集と活用

  (知識試験=30分)

・ソフトウェア、ハードウェア、、ネットワーク知識、折衝能力

・ネットワークを活用した新たな業務の進め方、情報収集と発信の仕組みの提示

・セキュリティに関する知識、指導力

・ネット社会における法律、コンプライアンス知識、指導力

・プレゼンテーション(企画、構成、資料作成、準備、実施)

・プランニングの基本的知識

・2、3級範囲の説明と理解

・文書管理方法の提案(作成、利用、流通、保存)

・企業会計基礎知識(決算、配当、連結決算、国際会計、キャッシュフロー、 時価主義等)

次回に続きますscissors

2012年5月14日 (月)

日商PC検定試験 ③

pc日商PC検定試験 ③pc

前回の続き・・・(試験内容)

【文章作成】

3級(実技試験=30分)

・文書作成ソフトの操作法、機能

・指示に従った迅速かつ正確なビジネス文書の作成

・データベースからの業務の目的に合わせた文書の検索および、

 利用した文書の作成

・ファイル名の作成、保存、整理と分類

  (知識試験=15分)

・ネット社会におけるビジネススタイル、企業実務

・電子コミュニケーションの特徴、留意点

・デジタルデータの特徴と単位、記録メディア、ファイルの種類

・電子メールの特徴と仕組み、メール文書の基本

・ホームページの仕組みと特徴

・ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する基礎知識

・社内ネットワークの活用(グループウェアなど)に関する基礎知識

・情報セキュリティに関する基礎知識

・ネット社会における法律、コンプライアンスに関する知識

 (個人情報保護法、知的財産保護法など)

・ネット社会における人への配慮と環境

・ビジネス文書の種類と雛型(社内外文書)

・文書管理(共有化、再利用、ファイリング)

・日本語力(表現法、敬語、文法、用字用語、慣用句)

・ライティング技術に関する知識(文書構成の基本、文章表現)

・ビジネスマナー、文章の送受などの基礎的な知識

注)それぞれの科目70点以上で合格scissors

2012年5月10日 (木)

日商PC検定試験 ②

pc日商PC検定試験 ②pc

前回の続き(試験内容)・・・

【文書作成】

2級(実技試験=40分)

・表計算、文書作成ソフトの機能と操作法

・業務の目的に応じた簡潔かつ分かりやすいビジネス文書の作成

・情報の分析、整理による適切なビジネス文書

・ビジネス相手(顧客、取引先)との文書での円滑なコミュニケーション

・ポイントが整理され尚且つ読み手が内容を把握しやすい議事録、報告書などの作成

・プレゼンテーション資料、提案書の作成

・データベースからの業務の目的に合わせた文書の検索および、これらを利用した

 ビジネス文書の作成

・目的に応じた文書ファイルの分類と保存などのファイル体系の構築

  (知識試験=15分)

・ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク知識

・ホームページ、メールに関する知識

・情報セキュリティに関する知識

・ネット社会における法律、コンプライアンス知識

・ネットワークを活用した効果的な情報の発信、収集と業務の進め方

・プレゼンテーションに関する基礎知識(企画 構成 資料作成 準備 実施)

・ビジネス文書の種類と雛型(社内外文書)

・業務における文書管理 ファイリング、共有化、再利用

・日本語力 文法、表現力、敬語、用字用語、慣用句

・ライティング技術に関する知識(分かりやすい簡潔な文章表現、文書構成)

・表現技術の基礎知識(レイアウト、デザイン、表グラフ、図解、写真の利用、カラー化)

注)それぞれの科目70点以上で合格scissors

より以前の記事一覧

■スキルアップ!■

無料ブログはココログ