社会福祉士

2012年3月17日 (土)

社会福祉士 ⑦

社会福祉士の合格基準のお話ですscissors

以下の2つの条件を満たした方が合格となりますpaper

(配点は、1問1点の150点満点)

① 問題の全ての得点の60%を基準とし、問題の難易度で補正した点以上点数

② ①を満たし、下に記載する18科目全てに得点がある

 (注・社会福祉士および介護福祉士法施行規則第五条の二の規定による

  試験科目において一部免除であった受験者については、

  配点を一問一点 計74点満点とする)

18科目

① 人体の構造と機能および疾病

② 心理学理論と心理的支援

③ 社会理論と社会システム

④ 現代社会と福祉

⑤ 地域福祉の理論と方法

⑥ 福祉行財政と福祉計画

⑦ 保健医療サービス

⑧ 低所得者に対する支援と生活保護制度 

⑨ 社会保障

⑩ 社会調査の基礎

⑪ 相談援助の基盤と専門職

⑫ 相談援助の理論と方法

⑬ 権利擁護と成年後見制度

⑭ 高齢者に対する支援と介護保険制度

⑮ 福祉サービスの組織と経営

⑯ 障害者に対する支援と障害者自立支援制度

⑰ 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

⑱ 就労支援サービス、更生保護制度

合格率は30%以下と低めですsweat02

対策無しでは、合格は難しいと言えます・・・が

この資格があれば、各地に点在する福祉施設(特別養護老人ホーム、児童福祉施設、

知的障害者福祉施設など)への就職が可能ですconfident

 

2012年3月14日 (水)

社会福祉士 ⑥

社会福祉士 試験内容 続き・・・pencil

⑰児童や家庭に対する支援と児童、家庭福祉制度

 ・児童、家庭の生活実態とこれを取り巻く福祉需要、社会情勢と実際

  (一人親家庭、児童虐待・DV【家庭内暴力】、

   地域における子育て支援及び青少年育成の実態 含む)

 ・児童、家庭福祉制度の発展過程 ・児童福祉法 ・児童の定義と権利

 ・児童虐待の防止などに関する法律(児童虐待防止法)

 ・配偶者からの暴力の防止および、被害者の保護に関する法律(DV防止法)

 ・母子および寡婦福祉法 ・児童手当法 ・児童扶養手当法 ・母子保健法 

 ・特別児童扶養手当などの支給に関する法律(特別児童扶養手当法)

 ・少子化社会対策基本法 ・次世代育成支援対策推進法 ・売春防止法

 ・児童、家庭福祉制度における団体および組織の役割と実際

 ・児童、家庭福祉制度における専門職の役割と実際

 ・児童、家庭福祉制度におけるネットワーキング、多職種連携と実際

 ・児童相談所の役割と実際

⑱就労支援サービス

 ・就労支援に係る団体、組織の役割と実際 ・就労支援に係る専門職の役割と実際 

 ・就労支援分野との連携と実際 ・就労支援制度の概要

 ・雇用、就労の動向と労働施策の概要

⑲更生保護制度 

 ・更生保護制度の概要 ・更生保護制度の担い手

 ・更生保護制度における団体、関係機関との連携 ・医療観察制度の概要

 ・更生保護における近年の動向と課題

試験内容は以上ですcoldsweats01

次回は、合格基準と社会福祉士の勤務場所について更新しますheart04

2012年3月10日 (土)

社会福祉士 ⑤

試験内容・・・sweat01続き・・・pencil

⑮高齢者に対する支援と介護保険制度

 ・高齢者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、介護 福祉需要

 (高齢者虐待や地域移行、就労の実態 含む)

 ・高齢者福祉制度の発展過程 ・介護予防 ・介護課程 ・介護の概念や対象

 ・認知症ケア ・終末期ケア ・介護保険法 ・介護報酬 ・介護の住環境

 ・介護保険における団体および組織の役割と実際 

 ・介護保険法におけるネットワークキングと実際

 ・介護保険法における専門職の役割と実際

 ・老人福祉法 ・地域包括言えんセンターの役割と実際

 ・高齢者虐待の防止 高齢者の養護者に対する支援などに関する法律

 (高齢者虐待防止法)

 ・高齢者の居住の安定確保の関する法律(高齢者居住法)

 ・高齢者、障害者などの移動などの円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)

⑯障害者に対する支援と障害者自立支援制度

 ・障害者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、介護 福祉需要

 ・障害者福祉制度の発展過程 ・障害者自立支援法

 ・障害者自立支援における多職種連携、ネットワーキングと実際

 ・障害者自立支援における専門職の役割と実際

 ・障害者自立支援における団体および組織の役割と実際

 ・相談支援事業所の役割と実際 ・知的障害者福祉法 ・身体障害者福祉法

 ・精神保健および精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)

 ・障害者基本法 ・発達障害者支援法

 ・心神損失などの状態で重大な他害行為をおこなった者の

  観察および医療に関する法律(医療観察法)

  ・障害者、高齢者などの移動などの円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)

 ・障害者の雇用と促進などに関する法律(障害者雇用促進法)

試験内容は、次回まで続きますsweat01

2012年3月 9日 (金)

社会福祉士 ④

試験内容、続き・・・pencil

⑫相談援助の理論と方法

 ・社会福祉士の役割と意義 ・精神保健福祉士の役割と意義 ・相談援助の理念

 ・相談援助の概念と範囲 ・相談援助における権利擁護と意義 

 ・相談援助に係る専門職の概念と範囲

 ・総合的かつ包括的な援助と多職種連携(チームアプローチ含む)の意義と内容

 ・専門職倫理と倫理的ジレンマ

⑬相談援助に理論と方法

 ・人と環境の交互作用 ・相談援助の対象 ・相談援助の過程 

 ・相談援助における援助関係 ・相談援助の為の面接技術

 ・様々な実践モデルとアプローチ ・ケースマネジメントとケアマネジメント

 ・アウトリーチング ・ネットワーキング(相談援助における多職種、多機関との連携含)

 ・相談援助における社会資源の活用、調整、開発 ・集団を活用した相談援助 

 ・スーパービジョン ・記録 ・事例分析 ・相談援助の実際(権利擁護活動含む)

 ・相談援助と個人情報の保護の意義と留意点 

 ・相談援助における情報通信技術の活用(ITの活用)

⑭福祉サービスの組織と経営

 ・福祉サービスに係る組織や団体 ・福祉サービスの組織と経営に係る基礎理論

 ・福祉サービス提供組織の経営と実際 ・福祉サービスの管理運営の方法と実際

まだ、次回に続きますsweat01

やはり、国家試験の紹介なので、しっかりとした内容がいいと思い数回に分けていますsweat02

すいませんwobbly 

2012年3月 6日 (火)

社会福祉士 ③

前回に続いて、試験内容・・・pencil

⑧社会保障 

 ・現代社会における社会保障制度の課題《社会保障制度と少子高齢化の関係含む》

 ・社会保障の概念と対象及びその理念 ・社会保障の財源と費用 

 ・民間保険制度と公的保険制度の関係 ・社会保険と社会扶助の関係

 ・年金保険制度の具体的内容 ・社会保障制度の体系

 ・医療保険制度の具体的内容 ・諸外国における社会保障制度の概要

⑨低所得者に対する支援と生活保護制度

 ・低所得階層の生活の実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉需要と実際

 ・生活保護制度 ・生活保護制度における組織おようび団体の役割と実際

 ・生活保護制度における多職種連携、ネットワーキングの実際 

 ・生活保護制度における専門職の役割と実際

 ・自立支援のプログラムの意義と実際 ・福祉事務所の役割と実際 

 ・低所得者対策 ・低所得者への住宅対策 ・ホームレス対策

⑩権利擁護と成年後見制度

 ・相談援助活動と法との関わり《日本国憲法の基本原理、行政法、民法の理解含む》

 ・成年後見制度 ・成年後見制度利用支援事業 ・日常生活自立支援事業

 ・権利擁護活動の実際 ・権利擁護に係る組織、団体の役割と実際

⑪社会調査の基礎

 ・社会調査の意義と目的 ・社会調査における論理 ・統計法

 ・社会調査における個人情報保護 ・質的調査の方法 ・量的調査の方法

 ・社会調査の実施にあたってITの活用方法

次回に・・・up

2012年2月28日 (火)

社会福祉士 ②

社会福祉士 ②

試験内容・・・(かなり多いので、数回に分かれますtwo

pencil学科pencil

①人体の構造と機能および疾病

 ・人の成長、発達 ・健康の捉え方 ・リハビリテーションの概要 ・疾病と障害の概要

 ・国際生活機能分類(ICF)の基本的考え方と概要 ・心身機能と身体の構造の概要

②心理学理論と心理的支援

 ・人の心理学的理解 ・人の成長、発達と心理 ・心理的支援の方法と実際

 ・日常生活と心の健康

③社会理論と会社システム

 ・現代社会の理解 ・社会問題の理解 ・生活の理解 ・人と社会の関係

④現代社会と福祉

 ・現代社会における福祉制度と福祉対策 ・福祉制度の発達過程

 ・福祉政策におけるニーズと資源 ・福祉の原理をめぐる理論と哲学

 ・福祉政策の構成要素 ・福祉政策の課題 ・福祉政策と関連政策

 ・相談援助活動と福祉政策の関係

⑤地域福祉の理論と方法

 ・地域福祉の主体と対象 ・地域福祉の基本的考え方 ・地域福祉の推進方法

 ・地域福祉に係る組織、団体および専門職や地域住民

⑥福祉行財政と福祉計画

 ・福祉行財政の動向 ・福祉行政の実施体制 ・福祉計画の主体と方法

 ・福祉計画の意義と目的 ・福祉計画の実際

⑦保健医療サービス

 ・保健医療サービスの概要 ・医療保険制度 ・診療報酬 

 ・保健医療サービスにおける専門職の役割と実際

 ・保健医療サービス関係者との連携と実際

次回に続きます・・・up

2012年2月27日 (月)

社会福祉士 ①

社会福祉士 ①

社会福祉士とは・・・

専門技術、知識を持って、様々な事情から、日常的な生活をするのに障害ある方の相談を受け、助言や援助活動に携わる仕事ですwheelchair

この資格は、国家資格になりますeye

受験資格・・・memo

・大学(4年制)で指定科目を修め、卒業した

・短期大学(2年または3年制)で指定科目を修め、卒業したのち指定施設にて

 2年以上の相談援助の事務に従事した

・社会福祉士天気養成施設(6か月以上)を修了した

 (受験年、3月31日までに卒業見込みも含む)

・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を修了した

 (受験年、3月31日までに卒業見込みも含む)

・児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司、

 福祉事務所の査察指導員、老人福祉指導主事、これらを5年以上務めた

 (受験年、1月28日までに満5年も含む)

試験は、毎年1月に行われ、

願書の受付は、前年の秋口9月~10月初めまでflair

合格発表は、試験から、約2ヶ月後の3月の中ごろ発表されますupwardright

受験料は、5580円となっていますdollar

受験地・・・

沖縄、鹿児島、熊本、福岡、愛媛、香川、広島、岡山、島根、兵庫、大阪、京都、愛知、

岐阜、石川、新潟、神奈川、東京、千葉、埼玉、宮城、岩手、青森、北海道 fuji

試験内容は、また次回・・・flair

■スキルアップ!■

無料ブログはココログ